Staff

阿部和哉‐Abe Kazuya‐

てらす灸庵 院長

より短い時間・少ない回数で回復する為に
技と知識を探求し、広く深く研鑽してきました。

そうして、習得した治療技術は100を超え、どのような症状の方がいらしても、3つ以上の治療法を提案・提供出来るようになりました。
まだまだ発展の余地はありますが、プチ不調から医者が匙を投げるような難病まで対応できる自負があります。
しかし、私には治療において技術と同じくらいに大切にしていることがあります。
それは再発しないためのケアです。

実は、痛みや咳・めまいといった「症状をとること」はそれほど難しいことではありません。
どこに行っても良くならなかった患者様はこの時点でとても喜ばれますが、このような、「その場限りの治療」では、日々の生活でまた再発してしまいます。
それでは治っていないのと同じだと私は考えています。

痛み止めを飲んで痛みが無くなるのと大差ありません。

大事なことは、いかに悪い生活習慣を捨て、よい生活習慣を取り入れるか。なのです。
私は治療技術を磨きながら、「何を提案すればさらによくなるのか?」を自問自答してきました。
治療が終了しても、再発しないように様々な提案をさせていただきます。
すべては患者様の健康で豊かな人生のために、全力を尽くします。

国家資格 薬剤師 鍼灸師 あん摩マッサージ指圧師 柔道整復師
実績 SKN(Suguni Kotsuban ga Naoru)テクニック創始者
枇杷葉温圧灸協会 理事

阿部和哉‐Abe Kazuya‐ | ブログ

  1. 第31回漢方講座1

    第31回つまずかない漢方講座

  2. 第29回つまずかない漢方講座

  3. 第30回漢方講座5

    第30回つまずかない漢方講座

  4. 薬剤師だった院長が鍼灸師になった理由

  5. なぜ治療から卒業させたいのか

  6. 東洋医学的ドーピング@スーパーママチャリGP2018